鉄丸幸せ報告

しじみ母です。


吉助幸せ報告をアップする前に、鉄ママさんからもメールを頂戴していました。
吉ママさんも鉄ママさんも本音で伝えてきてくれるご家族様です。


鉄ママさんからのメールです。

犬を家族に迎えるか迷っている人に読んでもらいたい。
命を迎えるって、こういうことなのだな。と、思いました。
一文字一文字大切に拝見しました。ありがとうございます。





鉄ママです。

鉄さんと暮らし始めて早1ヵ月・・・。
実はそれはそれは色々ありました。

正直言って「トライアルだよね・・お戻しもありだよね。」と何回か心の中でつぶやいたことも。


鉄丸との暮らしは、小型犬のエルさんとの生活からは想像もつかないものでした。


「小さな怪獣」「もしかして映画に出てくるマーリー飼っちゃった。」みたいな感じで・・・・汗


若くないパパとママは体が暑さに慣れてない時期に、
怪獣くんとの暮らしが始まり生活のすべてを変えることを迫られ、肉体も悲鳴をあげてました。

寝不足でパパはぎっくり腰になり、ママもついイライラ・・・なんて時期もありました。

疲れ果てたパパが「鉄、おまえしじみさんちに帰るか?」と言ったことも・・・


そんな時に助けてくれたのは、鉄兄と地域の犬親仲間さんたちです。


鉄兄は「エルさんだって家に来た頃はこんなもんだったよ。
同じようにオレたち困らせるようなこといっぱいしてたじゃん、忘れちゃった?
ただエルさんは鉄より体が小さかったからそれだけやることも大したことないように
感じられたかもしれないけど、鉄丸は体も大きいし力も強いから大変かもしれないけど、
鉄にしてみたら普通に子犬らしいことしてるだけなんだよ。」
「子どもなんてアホなもんだよ。犬も人間も同じだよ。」

と言ってました。

また、近所の犬仲間のパパやママたちは「まあだ4ヵ月じゃあしょうがないわよ。」と。


フリスビードツグのチャンピオン犬まで育てたことがあるメルちゃんのママは、鉄丸のことをとてもかわいがってくださって公園で会う度にしつけの相談にのってくれたりトレーニングをしてくれたりします。

そして「今は大変かもしれないけど、こういう時期が過ぎてみるとつまらないものですよ。
うらやましいわぁ~」と言ってくれました。



鉄丸には持って生まれた天性の魅力みたいなものがあるのかも知れません。


スポーツ選手でもタレントでも「持ってる。」人っていますよね。

鉄丸も「持ってる。」みたいで、よく見知らぬ人に声をかけられます。

小泉公園では朝のラジオ体操の時間に行くとあちこちで「鉄!」「鉄丸!!」と呼ばれて、
中にはおやつをくれる人もいるので・・くせになるのでここのところ少し避けているくらいです。


まあ、その生い立ちも目の障害のせいもあるのでしょうが、
たくさんの人に鉄は愛されています。

近所の花屋さんで会った犬好きの4匹飼っているという年配の女性は鉄の生い立ちを聞いて
大感激し私たちに手を合わせるようにして「ありがとう!ありがとう!」「あ~いいことしてくださった。小さな命が救われた」「なんていいお話聞かせてもらって!」と何度も言って鉄を抱き締めてなでてくれました。


いやいや、私たちはなんにもしてないんですけどぉ・・・・
お礼を言うなら〔ちばわん]の人にしてぇ~~~って感じで・・・・



とにかく、鉄丸はその存在そのものがこの世界に善良なエネルギーを発信するみたいで、
その善良なエネルギーは巡り巡って私たちのところに還ってきて、鉄丸をこの世界の宝物として苦労をものともせず育てるパワーをもらえるようです。


毎日のように心が痛くなるようなニュースがあふれるこの世の中ですが、人々の心の中には善良な真心が確かにあると、鉄丸と歩いているだけで感じることができます。



先日も暑い日の夕暮れに建築現場の作業員のようなお兄さんが、
鉄丸に目をとめてニコニコと満面の笑みを浮かべておりました。

そして驚いたように「あれっ?目、どしたの?白内障?」と鉄さんに話しかけてました。


暑い一日働いて体も疲れているだろうに、小さな命を気遣うそのお兄さんはすごいなぁと
こちらが感心してしまいました。


鉄さんはそんな風にやさしい気持ちを人々に思い出させるオーラがあるみたいです。


そんなこんなで、てんやわんやでまだヘロヘロな新米パパとママですが、なんとか親になろうとしています。


人との関係がそうであるように、犬との関係も同じで最初はお互いのことがわからなくて疑心暗鬼になったり、探り探りなんでしょうね。


最近ようやく鉄さんが私たちに心を開いてくれたのを感じます。


鉄さんは抱っこが嫌いだと思っていたのですが、最近甘えて抱っこして体を預けて眠ったり、「鉄、おしっこは?」と声をかけるとハッとしたようにトイレでおしっこしたり、「もう寝るよ」と声をかけるとすたすたハウスに入ったりすると信頼関係が少しずつ築かれていることを実感します。
a0191121_0493481.jpg



預かり犬さんたちのお世話で忙しいのに、長々とメールしてごめんなさい。


パパが引き取りを決心した時に言っていたように、
これからも鉄丸と共に成長していけたら。と考えています。

よろしくお願い致します。





a0191121_0102094.jpg



鉄パパさん。鉄ママさん。鉄兄さん。地域のお仲間さん。本当にありがとうございます。
鉄丸。幸せだね。感涙。
[PR]
by shijimisfamily | 2011-08-12 00:38